Q&A(よくあるご質問)

  • Q&A番号:22010
    • ホームページサービス > 一般

    URL転送の登録手順を教えてほしい。

    ドメイン@niftyのURL転送ページから登録できます。

    ご注意

    他社サービスにてドメインを取得された場合、URL転送サービスのご利用ではネームサーバーの変更申請が必要となります。

    変更申請をしていない場合、正常に転送が行われない可能性があるため、ドメインの提供元に以下のネームサーバーの変更申請を行ってください。

    ネームサーバー名 ネームサーバー1:pdns1.nifty.ad.jp
    ネームサーバー2:pdns2.nifty.ad.jp
    同時に利用できるサービス
    • URL転送サービス
    • ココログドメインマッピング
    • 固定IPサービス連携
    • ダイナミックDNS(xxx.atnifty.comでのご利用のみ)
    • ホスティングサービス(法人会員用サービス)
    • LaCoocan連携

    ※ ネームサーバーの変更を申請いただいてから、有効になるまでに2~3日かかります。
    このため登録後すぐのURL転送のご利用はできません。

    URL転送登録手順

    1. 以下のリンクから「URL転送」のページを開き、[ 設定ページへ ] ボタンをクリックしてログインします。

    URL転送

    URL転送

    2. URL転送を設定したいドメイン名をクリックします。

    ドメイン管理

    3. お申し込みの画面が表示されますので、[ 新規申し込み ] をクリックします。

    新規申込み

    4. 利用規約が表示されますので、[ 同意する ] ボタンをクリックします。

    利用規約

    5. URL転送設定が表示されますので、各項目を入力し [ 確認画面へ ] ボタンをクリックします。

    転送設定画面

    ■転送設定・転送方式について

    設定項目の意味
    転送設定 www.nifty.jp 1番上のチェックボックスにチェックをつけた場合、「http://www.nifty.jp」とURLを入力すると、転送先に転送されます。
    nifty.jp 2番目のチェックボックスにチェックをつけた場合「http://nifty.jp」とURLを入力すると、転送先に転送されます。
    指定のドメイン 3番目のチェックボックスにチェックを入れ、例のように「www2」と入力すると、「http://www2.nifty.jp」で、転送先に転送されます。
    転送方式 リダイレクト方式

    単純に転送するだけの方式です。

    例の状態では、「http://www.nifty.jp」でアクセスしてきた人が「http://homepage.nifty.com/xxx/」へ転送されますが、転送するのみのためブラウザーのアドレス欄には「http://homepage.nifty.com/xxx/」が表示されます。

    フレーム方式

    転送先のホームページに対して「http://www.nifty.jp」という名前のフレーム(枠)を用意し、そのフレームの中でhttp://homepage.nifty.com/xxx/を表示します。

    表向きには「http://www.nifty.jp」へアクセスすると、「http://www.nifty.jp」という名前のフレームに対してアクセスしているので、ブラウザーのアドレス欄には「http://www.nifty.jp」が表示されます。

    フレームの枠外へ移動するリンクを使わない限り、アドレスは「http://www.nifty.jp」の表示のままです。

    リバースプロキシ方式

    「リダイレクト方式」と「フレーム方式」の弱点を克服した転送方式です。ただし制限事項もあります。

    ■改善点
    「フレーム方式」で問題があった JavaScriptが正常に動作するようになります。「リダイレクト方式」で問題だった、転送時のURLの表示が転送先のURLに変更されてしまう現象が解決しています。

    (アドレスバーには転送元のアドレスが表示されますが、相対リンク形式でホームページへのリンクを記述する必要があります)

    ■制限事項
    80ポート(一般的なホームページで利用するポート)の情報のみを転送します。転送先の設定はフォルダ単位で設定する必要があります。それ以上の制限はありません。

    なお、転送設定にないサブドメイン名でアクセスされた場合、サブドメインなしに設定されている転送先へ転送されます。

    転送方式については以下のページでもご案内しております。

    URL転送の転送方式とは何ですか。

    ■ページタイトル」欄について

    「ページタイトル」欄は転送方式として「フレーム方式」を選択した場合のみ入力可能です。

    ページタイトル

    6. URL転送設定の確認画面が表示されますので、内容を確認し [ 登録 ] ボタンをクリックします。

    URL転送設定の確認画面

    7. 「設定が完了しました。」と表示されます。

    以上で、URL転送の登録手順は完了です。

    設定完了の画面